皮膚科を受診する患者さんの中で最も多い疾患は湿疹・皮膚炎で、中でも代表はアトピー性皮膚炎・接触皮膚炎です。アトピー性皮膚炎は慢性疾患でありり、皮膚のバリアー機能が低下しているために様々な皮膚症状を呈します。接触皮膚炎は外界の刺激物が原因となり引き起こされる皮膚炎です。よって、丁寧な問診により原因が推測可能であることが多いと思います。接触皮膚炎はバリアー機能の低下したアトピー性皮膚炎に合併することもあります。治療はステロイド軟膏の外用が基本で多くの症状は軽快します。

湿疹の痒みが引きません。内臓が悪いのですか?の画像

ログインして全文を読む