血小板製剤を輸血されている血液疾患患者の主治医(血液内科医)から、問い合わせの電話がかかってきました。「昨日、輸血したHLA適合血小板の効果がない。輸血前5000/μLの血小板数が輸血したら1000/μLに下がってしまった。これまで納品されたHLA適合血小板製剤の輸血は有効だったのに、今回はなぜ?」。

血小板輸血したのに血小板が減るのはなぜ?の画像

ログインして全文を読む