その昔、時間外の輸血関連検査(血液型判定や交差適合試験)は、研修医のお仕事であった時代が長く続きました。現在では、その状況はほとんど見受けられません。しかし、臨床検査技師が24時間体制で輸血検査を担当するようになったのは、中小病院よりも大学病院の輸血部・検査部の方が遅れたという不思議な実態がありました。

輸血検査のトレーニングは永久に不滅です!の画像

ログインして全文を読む