「主人は、本当にそれだけのことをしてくれましたので」。私が研修医1年目として河北総合病院(東京都杉並区)に勤務していたとき、在宅で診ていた患者さんの奥様にある日、「なぜそんなに一生懸命に介護をされているのですか」と尋ねたところ、返ってきた言葉だ。その言葉に私は心から感動したことを今でも鮮明に覚えている。

総合診療医の原点となった患者家族の一言の画像

ログインして全文を読む