70代の女性が脳梗塞で入院し、右半身麻痺の症状が出ています。女性はちぎり絵が趣味だったので、「早くちぎり絵ができるようにリハビリをしたい」と望んでいます。その話を聞いた作業療法士は、「ちぎり絵の機会を提供し、女性患者の満足感の向上と指先の麻痺の改善を図るべき」と主治医に提案しました。

ログインして全文を読む