テキサス大学MDアンダーソンがんセンターに勤務する、筆者の一人の上野は、米国で長年生活してきたせいか、日本人とのコミュニケーションで苦慮することが少なくありません。年に5〜6回、学会やセミナーの講演のため、日本に帰国していますが、時々、「自分の話は伝わっているのだろうか」と不安に思うことがあるそうです。

価値観が違うスタッフと理解し合うには?の画像

ログインして全文を読む