冷え症には、(1)手足など末梢が冷えるタイプ(年齢に関係なく女性に多い)、(2)胃腸の働きの低下を伴い、全身が冷えるタイプ(やせ型で小食の人に多い)、(3)末梢のうち特に下肢が冷えるタイプ(高齢者に多く、やや男性が多い)、(4)むくみを伴って冷えるタイプ(若い女性に多く、ぽっちゃりした色白の人に多い)などがあります。冷え症で来院される患者さんの多くはこの4タイプに分類されますので、以下にその代表的な症例を示します。いずれも検査値などの西洋医学的な所見には問題がない症例で、漢方的所見のみを示します。

冷え症の診かたと方剤の選び方(後編)の画像

ログインして全文を読む