今回は全身倦怠感のお話をします。大学病院総合診療部に来院される患者さんの主訴で、全身倦怠感はベスト3に入るほどよく見かける症状です。漢方では全身倦怠感の原因を、生命エネルギーの不足(気の不足、気虚)と考えます。生命エネルギー(気)は、十分量のバランスの良い食事から作られますので、胃腸の調子が悪ければ、生命エネルギー(気)を作ることができず、全身倦怠感が起こります。また、試験などを受けて緊張した後では、どっと疲れませんか? 気の使いすぎも全身倦怠感の原因になります。

全身倦怠感を漢方で診る、治すの画像

ログインして全文を読む