めまいを主訴に総合診療科を訪れる患者さんは少なくありません。その多くは、耳鼻科などで、器質的な疾患の可能性を除外された上で治療を受けています。それでも十分な効果が得られなかったわけですから、総合診療科やかかりつけ医が再度、西洋医学的に対症療法を行っても意味がありません。このような場合に漢方が役立ちますので、試してみてください。

ログインして全文を読む