地域の中核病院として感染症診療を担う病院の中には、感染症専門医がいない施設も多くあります。本日のゲストである総合病院国保旭中央病院(以下、旭中央病院)の中村朗先生も、そうした状況下で感染症診療の責任者を引き受けられ、試行錯誤の中で研修医を教育されてきました。今日はその成功の秘訣と苦労話をお聞きしたいと思います。

消化器内科医が突然、感染症のリーダーを任されて…の画像

ログインして全文を読む