感染症診療の次世代を担う若手医師たちが、日本の各地で活躍している。だが、現実はそう甘くはない。予期せぬアウトブレイクも起これば、周囲との認識のギャップに悩むこともある。彼らは現場でどのような課題に直面し、どう克服したのか――。

いま振り返る、多剤耐性アシネトバクターアウトブレイクの画像

ログインして全文を読む