オングル中央病院の窓から見える南極の冬。極夜期間は5月30日〜7月12日、この間は全く太陽が出ない日が続きます。極夜といっても正午を中心に数時間は薄明るくなり、ライトなしでも散歩できます。南極に来る前は極夜の大変さを想像していましたが、正午を中心にほどほど明るくなり、朝までオーロラが楽しめることから、個人的には白夜より対応しやすいと感じました。他の隊員も同じように感じていたようです。極夜は太陽が出なくてもオーロラが出ます。今回も写真集の感覚でご覧ください。

病院の窓から見える南極の四季(2)の画像

ログインして全文を読む