オングル中央病院には、北東と北方向に小さな窓があります。北東の窓からはオングル海峡、岩島、氷山や南極大陸と大陸からの日の出が見え、北の窓からはアンテナ島、福島ケルンやインマルアンテナと日の入り(白夜前後を除く)が臨めます。観光スポットで見られるような案内板や、気象棟の一部もなんとか見えます。以前、南極には四季がなく冬と夏だけと書きましたが、実際に1年間過ごしてみると春も秋も感じられました。微妙な変化ですが、違いが分かります。今回は、病院の窓から見た南極の四季を届けます。

病院の窓から見える南極の四季の画像

ログインして全文を読む