オングル中央病院は現在、医師1人体制です。日本南極地域観測隊(JARE)の越冬医療隊員は、9次から54次までずっと医師2人体制で維持されてきました。外国基地の越冬医師が1人であることを考えれば、常勤医が2人いるオングル中央病院は南極最多医師数の病院でした。オングル中央病院は南極大陸で最大規模を誇る施設なので(図1)、ハードもソフトも「南極一」でした。しかし、我が55次隊から医師1人体制になったわけです。これは医師の立場からすると歴史的な転換です。

医師が南極で負傷者になったらの画像

ログインして全文を読む