「抗菌薬は重要ではない」「適正使用の必要はない」という意見を聞くことはありません。現代医療に抗菌薬が果たしてきた重要な役割は誰しもが認めるところですし、抗菌薬をいい加減に扱って思わぬ副作用や薬剤耐性菌の問題が起きても構わないと考える医療従事者はいないことでしょう。しかし現実には専門家の目から見て適正とは言えない抗菌薬の使い方がしばしば見受けられます。例えば感冒と診断しつつ抗菌薬を処方するというように。

「延期処方」で抗菌薬処方を減らすの画像

ログインして全文を読む