急性気道感染症の多くで抗菌薬の必要がないと言っても、現実に抗菌薬処方を期待し希望する患者がいるのは確かです。そのような患者に対してとりあえず抗菌薬を処方してよしとする時代でなくなっていることは既に解説しました。となると、抗菌薬の不要な状態であることをどう説明し理解してもらうかが鍵となります。患者の満足度を損なわずに抗菌薬の処方を減らし、良好な医師−患者関係を確立・維持するにはどのような説明がよいのでしょうか。

かぜ患者への説明にコツはありますか?の画像

ログインして全文を読む