アドバンス・ケア・プランニング(advance care planning:ACP)という言葉を耳にする機会が多くなりました。厚生労働省による「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」に、ACPの概念が盛り込まれ、医療・介護現場への普及の方向性が示されたことが、ACP普及の流れに拍車をかけたように思います。

事前指示があってもACPが必要な理由の画像

ログインして全文を読む