この3月に改訂された厚生労働省による「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」には、近年諸外国で普及しつつある、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)の概念が盛り込まれ、医療・介護現場への普及を図ることを目的としています。

ACPは事前指示やリビングウィルと何が違う?の画像

ログインして全文を読む