申請からわずか4カ月でスピード承認され、今年3月14日に発売された新規抗インフルエンザウイルス薬ゾフルーザ(一般名バロキサビル マルボキシル)。タミフル(オセルタミビル)と比べて抗ウイルス効果が有意に高いことが確認されており、既存薬と異なる作用機序を有するため、タミフルをはじめノイラミニダーゼ阻害薬に耐性を獲得したウイルスに対する効果や、単回投与で済むため高いコンプライアンスも期待されている。

 2017/2018年インフルエンザシーズン終盤の登場だったため、ゾフルーザを処方する機会がなかった医師も多いと思われるが、同シーズンにおけるゾフルーザの使用経験をWebアンケートで聞いてみた。

ゾフルーザを処方した医師は9.1%の画像

ログインして全文を読む