働き方改革を進めていく上で、結婚や育児、自分の病気や親の介護などのライフイベントを抱える医師に対する包括的支援が欠かせない。医療機関であっても管理者はもちろん、上司や同僚、他の職種の人々の理解も必要。そこでまず、現状がどのようになっているのかを把握するため、日経メディカル Onlineの医師会員を対象に「ライフイベントを抱える医師の実態調査」を実施した。

自分の病気が1位、親の介護、家族の病気も不安の画像

ログインして全文を読む