米国の高血圧治療ガイドラインが2017年に改訂され、高血圧を「130/80mmHg以上」と定義した。これを受けて、日本の診断基準について聞くと、「140/90mmHg以上のままでよい」とする回答が「130/80mmHg以上にすべき」を上回った。

「140/90のまま」が「130/80に」を上回るの画像

ログインして全文を読む