日経メディカルでは、5月22日に翻訳書籍『ここがポイント!高齢者救急』(原題:Geriatric Emergency)を刊行した。本書は複数の基礎疾患を抱えた高齢者が救急外来を受診した場合の対応について解説しているが、同じ状況は各診療科の病棟や、在宅医療の現場でも起こり得ると考えられる。そこで、本書で指摘しているような高齢患者にどれくらい困っているか、日経メディカルの読者に尋ねてみた(回答者数は3751人)。

炎症マーカーが上昇しない肺炎は約半数が経験の画像

ログインして全文を読む