過敏性腸症候群(IBS)の定義に当てはまるような便通異常の訴えを、一般医はどの程度診ているか。総合診療医と一般内科医の回答を集計すると、7割が年に10例未満。多くは何らかの薬剤で対処しているものの、自由記述からは対応に苦慮するケースも少なくないことがうかがえる。

過敏性腸症候群にどう対応していますか?の画像

ログインして全文を読む