日経メディカル Onlineの医師会員を対象に育児に関するウェブアンケートを実施したところ、男性医師で子育てに積極的に参加している(「子育てのほぼ全てを自分で行っている」「子育てのメインは自分で、パートナーにサポートしてもらっている」「パートナーとほぼ半々で育児を分担している」)と答えた割合は7.7%にとどまっていた。反対に女性医師では92.9%となり、医師の間でも育児の参加に差があることが浮き彫りとなった。

男性医師の育児はまだまだパートナー任せの画像

ログインして全文を読む