高血圧患者の収縮期血圧を120mmHg未満まで下げる厳格降圧群の優位性を示した米国のSPRINT試験。これを受けて、降圧治療を行う医師の4割以上は「降圧目標を見直した」と答えている。

降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか?の画像

ログインして全文を読む