心房細動に対する抗凝固療法を行う医師に最も多く処方する薬剤を聞くと、62%が依然ワルファリン。次いで14%がリバーロキサバンで、新規経口抗凝固薬(NOAC)の中で一番多かった。

新規抗凝固薬のネックは価格の高さの画像

ログインして全文を読む