今回の震災に対し、何らかの支援を検討しているかどうかを尋ねると、48.8%(1624人)の医師が「はい」と答え、1.77%(59人)が「現地の医師として診療などに従事」している」。過半数の医師が何らかの支援を実施・検討しているようだ(図1)。

過半数の医師が被災地支援を具体的に検討の画像

ログインして全文を読む