泌尿器の悩みを抱える患者は多い。連携できる泌尿器科専門医が近くにいれば患者を紹介するだけで済むが、連携先がない場合は、非専門分野でも対応しなければならない。日経メディカル Onlineの医師会員に「過活動膀胱の診療に関するアンケート」を実施したところ、回答した医師の過半数(57.3%、3225人中1849人)が、過活動膀胱を診療した経験があると回答した。

ガイドライン推奨のスコア評価実施は3割の画像

ログインして全文を読む