戦後の看護職不足対策として設置された「准看護師」という資格については、その是非や存在意義が数十年にわたり議論されてきた。「准看護師を新規養成するか」という問題には、賛成派が医師、反対派が看護師という単純化した構図で語られることが多い。しかし、准看護師の新規養成について賛成する医師は本当に多いのだろうか。日経メディカル Onlineの医師会員を対象に調査を行った。

「准」医師ってありえますか?の画像

ログインして全文を読む