2010年6月に政府が閣議決定した「新成長戦略」に取り上げられたことから、外国人患者を積極的に受け入れる医療ツーリズムが注目を浴びた。閣議決定資料では、2012年度から本格的な受け入れを開始し、2020年の目標として「日本の高度医療および健診に対するアジアトップ水準の評価・地位の獲得」を掲げている。半分の5年が経過した時点で、外国人患者の診療について、読者医師の実感を聞いてみた。

勤務先が外国人受け入れ準備は10%の画像

ログインして全文を読む