10年後の2025年には団塊世代が75歳以上となり、超高齢社会が到来すると言われている。医療や介護のニーズが高まることが想定される一方で、社会保障のバランスが崩れることが懸念されており、これを「2025年問題」と呼ぶ。4人に1人が75歳以上という状況での病床数の不足は必至で、在宅医療や在宅で看取り体制を整えるなどの方策が必要なことが指摘されている。

「10年後、備え不十分で大変な状況に」が3割もの画像

ログインして全文を読む