認知症の患者数は2012年で約462万人と推計され、2025年には700万人を超えると予想されている。認知症患者の増加はどのくらい差し迫った問題なのか、患者として診療する場合だけでなく、家族の認知症介護問題に直面したことがあるかどうかを尋ねてみた。

医師が身内の認知症を経験して分かったことは?の画像

ログインして全文を読む