臨死体験とは、事故や病気で死にかかった人が、意識を回復したときに語るイメージ体験。「横たわる自分の姿を上から見下ろしていた」「三途の川を見た」「お花畑の中を歩いた」「死んだ人に出会った」など共通のパターンが知られている。臨終の場面に立ち会うことも多い医師は臨死体験についてどう思っているのだろうか。Webアンケートで聞いてみた。

臨死体験を「死後の世界」と考える医師は約2割の画像

ログインして全文を読む