インフルエンザの予防接種に対するイメージは様々だ。最近は大量生産目的で増殖能の高い株を作成する過程で抗原性が変化してしまう卵馴化の問題も指摘されている。ワクチン用に選定した原株と流行株が一致していたのに、ワクチンの効果を期待できない事態も起こっている。そこで医師はインフルエンザワクチンをどう考えているのかについて、意見を聞いてみた。

9割の医師は毎年ワクチン接種を受けるの画像

ログインして全文を読む