「死体検案」(以下、検案)とは、死因不明の死体に対し、医師が外表を検査するなどして、医学的見地から死因や死亡時刻などを推定する行為を指す。独居高齢者の増加を背景に孤独死が増えるとみられており、今後、死体検案の需要が増すことが予測されている。

25%は死体検案の講習会に「参加したい」の画像

ログインして全文を読む