プレゼンテーションといえば、学会や院内での症例発表を想像する人が多いのではないだろうか。しかし、プレゼンテーションとは本来、「情報伝達手段の一種で、相手に情報を提示して理解や納得を得る行為」。患者・家族への説明はもとより、他科・上級医へのコンサルト、同僚・看護師への申し送りまで、医師の日常はプレゼンの連続だ。

医師が参考にするプレゼンターはあの人の画像

ログインして全文を読む