死を回避できない状態に陥った場合、限られた時間をどのように過ごすのが最善か――。患者の価値観は多種多様な上に、取り囲む状況も一人ひとり異なるため、そこに模範解答は存在しない。終末期患者への対応を考える際には、医学的適応だけでなく、患者本人の意向、家族の意向、介護状況など様々な観点からの議論が求められるケースが多い。

終末期患者への対応、7割が「迷う」の画像

ログインして全文を読む