古くからあることわざ、「医者の不養生」は本当か――。日経メディカル Onlineが医師自身の健康状態について2286人に聞いたところ、67.6%が何らかの持病が「ある」と答えた。最も多かったのは高血圧で、脂質異常症、アレルギー(花粉症など)、腰痛・関節痛と続いた(図1)。

「医者の不養生」は本当だった!の画像

ログインして全文を読む