小保方晴子氏本人の会見を経ても、いまだ騒動が続くSTAP細胞論文の是非。Nature誌に投稿された論文の瑕疵が捏造に当たるのか否かという問題の一方で、大きな関心事となっているのがSTAP細胞が実在するのか否か。実在するのならば、臨床応用に向けた研究の進展が今後期待されるが、果たして現場の医師たちはどのように考えているのだろうか?

6割弱は「STAP細胞は実在しない」と思うの画像

ログインして全文を読む