厚生労働省の中央社会保険医療協議会が先月、厚生労働大臣に答申した2014年度診療報酬改定案。改定率は全体で0.1%の引き上げで、消費増税補填分を除くと1.26%のマイナス。改定率や主な新点数項目について現場の医師はどう思っているのか、ミニアンケートで聞いてみた。

約2割の医師が「主治医報酬」算定の意向の画像

ログインして全文を読む