進行大腸癌の治療はバイオマーカーによって大きく変わろうとしている。今回の米国臨床腫瘍学会(ASCO2018)でも、いくつものバイオマーカー関連の発表が目についた。ASCO2018で注目された演題をもとに、今後の大腸癌癌治療の展望を愛知県がんセンター中央病院薬物療法部の谷口浩也氏に話してもらった。

バイオマーカーが必須な大腸癌の治療開発の画像

ログインして全文を読む