膵癌の新薬は中々登場せず、既存の薬剤をいかにうまく使うかの検討が非常に大切になっている。今回の米国臨床腫瘍学会(ASCO2018)でも、modified FOLFIRINOX(mFOLFIRINOX)療法の術後補助療法としての有効性を評価した第III相試験の結果が発表されるなど、治療戦略最適化に向けての議論が行われた。ASCO2018で注目された演題をもとに、今後の膵癌治療の展望を杏林大学医学部腫瘍内科学教室教授の古瀬純司氏に語ってもらった。

mFOLFIRINOXは日本人の膵癌術後補助療法になりうるのか?の画像

ログインして全文を読む