全癌種をカバーする主要な国際学会の1つであるAmerican Association for Cancer Research(AACR2018)が4月14日から18日までシカゴで開催された。米国臨床腫瘍学会(ASCO)と比べると基礎系の研究発表が多い傾向のあるAACRだが、今年は大規模臨床試験の重要な発表がいくつもなされ、活況を呈した。特に肺癌領域で注目される演題が多かった。AACR2018における肺癌領域の免疫チェックポイント阻害薬の注目演題について、その結果の解釈、意義、今後の展望などを、神奈川県立がんセンター呼吸器内科医長 加藤 晃史 氏に解説してもらった。

免疫チェックポイント阻害薬+化学療法で肺癌の1次治療に新たな展開の画像

ログインして全文を読む