日経メディカルOncologyは2月に、非小細胞肺癌(NSCLC)の治療状況に関する調査を行った。2016年11に引き続く今回の調査の目的は、特定の変異を有する進行NSCLCに対する薬物療法が、肺癌診療ガイドラインの改訂、新薬の登場、新たな試験結果の発表によってどのように変化しているかを確認すること。

ALK転座陽性NSCLCはアレクチニブ、ROS1転座陽性はクリゾチニブが浸透の画像

ログインして全文を読む