未治療の進行淡明細胞型腎細胞癌に対するニボルマブ+イピリムマブ併用療法とスニチニブの比較試験、CheckMate-214の結果が欧州臨床腫瘍学会(ESMO2017)のプレジデンシャル・シンポジウムで発表されました。スニチニブはファーストラインの定番で、われわれも日常診療でスニチニブを使うことが多いわけですが、そのスニチニブにニボルマブ+イピリムマブ併用療法が複数の主要評価項目の1つである全生存期間(OS)で有意差を示しました。

免疫チェックポイント阻害薬併用療法の最新結果から考える今後の腎癌治療の画像

ログインして全文を読む