悪性リンパ腫には化学療法が有効で、他の癌腫と比較して5年生存率も高い。しかし病型によっては未だアンメットニーズが存在し、また2次発癌や臓器障害、不妊、疲労感といった晩期副作用に悩まされる患者も少なくない。腫瘍のバイオロジーやドライバー経路に対する知識が急速に深まる中、免疫チェックポイント阻害薬などの新たな治療は、その解決策となるのだろうか?

悪性リンパ腫治療の最先端は?の画像

ログインして全文を読む