近年、胃癌の診断・治療においては、The Cancer Genome Atlas(TCGA)による分子レベルでの4つのサブタイプ分類の提唱、早期胃癌に対する内視鏡治療の適応拡大、薬物療法におけるラムシルマブやニボルマブの登場など、さまざまな進展がみられている。

進展する胃癌治療、予後の改善に向けた次のステップの画像

ログインして全文を読む