非小細胞肺癌(NSCLC)はドライバー遺伝子として、EGFRに加えALKやRET、ROS1などが知られ、それらの遺伝子変異に基づく分子標的薬の開発が進められている。EGFRチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)やALK-TKIには耐性の問題があるが、耐性機序の解明が進み、機序に合わせた治療戦略も考えられるようになってきた。またRETやROS1などの稀少肺癌でも、大規模スクリーニングの進展を背景に分子標的薬の臨床試験が積極的に行われている。

肺癌のドライバー変異をどう攻略するかの画像

ログインして全文を読む