ホルモン受容体(HR)陽性HER2陰性進行乳癌に対し、CDK4/6阻害薬abemaciclibと非ステロイド型アロマターゼ阻害薬(NSAI)の併用療法による1次治療の有効性がフェーズ3試験MONARCH-3で明らかになりました。これによりパルボシクリブ、ribociclib、そしてabemaciclibと、3つのCDK4/6阻害薬の1次治療データが出揃ったことになります。

CDK4/6阻害薬はホルモン受容体陽性乳癌の救世主となるかの画像

ログインして全文を読む