大腸癌の薬物治療において、効果を予測するさまざまなバイオマーカーが検討されてきた。しかしドライバー遺伝子変異は見つかっておらず、薬剤の効果予測に1対1で直結しているのは、抗EGFR抗体薬のRAS遺伝子変異型とのnegative selectionのみである。

バイオマーカーを用いた大腸癌治療の今後の画像

ログインして全文を読む